⑧⑨凌雲岳白水川黒岳沢17.12.16-17

愛しの黒岳。

昨年のクリスマス、相方が救急車搬送される事態となった山行のリベンジマッチ。

 

白水川源頭。

 

凌雲岳北東面。いろいろ条件悪くここより一つ右の面とした。

低温で強風視界不良、また雪が不安定な2日間であった。

滑る滑らないの判断は難しい。結果的に無傷で満足なので良い判断をできたのでしょう。

 

とにかく気温が低く、夜朝とガソリンストーブを使ってもテントは凍ったまま…メニューは、あえての昨年と同じにしてくれていました。

 

凌雲岳北尾根稜線手前。視界悪く雪も不安定そう。アイゼンへの履き替えはやめて、氷結斜面との境目からとした。

果敢なライド。気持ちの強さに、いつも力もらってます。

 

黒岳周辺は外国人観光客の方が詳しいのではなかろうか。奥が深いエリアです。

下山し、なまら暖かいと話していたらマイナス8度。その位寒かった。

ダウンを丸一日着て行動したBCは初めてかもしれない。

黒岳沢は工事中。

皆、無傷で下山。それが一番。

片づけていると、ロープウェイのおじさんが出てきてくれて、

「また来てね」

数々の失態をやらかしていることを知っていながら、なんてやさしい方なのでしょう。

また来ます。