小樽赤岩窓岩リッジ・摩天の稜線(の脇)18.6.23-24

泊装備で行く修行。

水分だけでも7L背負っての窓岩。

このあと、黒いリッジの4Pのみ登る。

鬼軍曹が背負えと言えば背負い、寝ろと言えば寝る。

摩天の脇。鬼軍曹は稜線を行かせてくれません。フォローながら、このピッチの悪さは5級ではないと思われる。

まさに修行と呼ぶにふさわしい内容であった。鍛えられた。たぶん。