MENU
あしあと
  • 30,868 アクセス

暑寒別川2022年7月30-31日

溶かされているらしい。

とんでもない数のアブの襲撃に会い、げっそりしながらの入渓。

河原歩き長く、何も出ない前情報であったが、渓相豊かで綺麗な川です。

深い函も素晴らしいです。こういうの好きです。

なんだか知床岬黒部川にまた行きたくなりました。

魚の撮影に夢中です。

両岸いろいろあります。

岩は北海道らしくなく、しっかりしています。終始安定したホールド。

いくつも美しい釜がありました。

深い釜にでっかい魚がいます。人間が水に入っても大して隠れません。主ですね。

岩質が何度か変わります。

調理中ナイフを足に刺し、流血。目の前真っ暗になって、やらかした感あったが、相方のおかげですぐ止血。

気をつけねばなりません。(意外と傷が浅かったようで助かりました)

翌日の嵐予報にビビりながらたらふく食べて寝る。

7月31日。

霧は濃いが出発まで降らずにいてくれて快適な朝食であった。(再びたらふく食べる)

出発してからは雨で、険悪な印象の小滝達となる。

夏季、初めての来訪。

嵐。

下山時も下のほうではアブの大群に襲われ、100か所くらい刺されたのではなかろうか。

2日で33.4km。

とても綺麗な川です。有名どころかと思ったけど、人の気配の少なさも印象に残りました。(長いからですかね)

目次